Service Grid Open Source Community Site
English | Japanese

プロジェクトの目的

サービスグリッド オープンソースプロジェクトは、サービスグリッド及びサービスグリッドを利用するオープンソースソフトウェアの開発や情報提供を行うためのプロジェクトです。

このサイトは、サービスグリッド オープンソースプロジェクトのためのコミュニティサイトであり,コミュニティのメンバは、サービスグリッドと関連ソフトウェアに関する要望、提案、質問を、多言語BBSで行うことができます。多言語BBSに投稿するには、多言語BBSのトップページにある「アカウント作成」ボタンから手続きを行ってください。メンバによる承認が行われると、アカウントが有効化され、ログインと投稿が可能になります。

ソフトウェアの機能についての要望や提案、バグの報告の方法については、「要望・提案」ページをご覧ください。多言語BBSの投稿先などを掲載しています。

ソフトウェアの開発に参加される際には、本サイトの「メンバの種別」「開発プロセス」をご一読ください。本プロジェクトのコミュニティでの開発を効率的に進めるためのメンバーの権限の分類や、コード管理についてのポリシーについて記載しています。

対象ソフトウェア

サービスグリッドサーバソフトウェア
サービスグリッドを実現するためのソフトウェアであり,情報通信研究機構(NICT)によって開発されました。これまで、サービスグリッドサーバソフトウェアを用いて、言語資源を対象としたサービスグリッドである言語グリッドが構築されています。また今後、農業サービス(農業知識や圃場情報センサをサービス化したもの)を扱う「農業サービスグリッド」、教育サービス(オープンコースウェアやe-Learningシステムをサービス化したもの)を扱う「教育サービスグリッド」など、様々な分野で利用される予定です。
言語サービス
言語サービスとは、機械翻訳や辞書などの言語資源をWebサービスとして利用可能にしたものです。言語グリッドは、言語サービスのためのサービスグリッドであり、言語サービスを連携させることができます。言語グリッドは、主に多言語のコミュニケーションの支援に利用されています。
言語グリッドToolbox
言語ドメインのサービスグリッドである言語グリッドを用いた、多言語コミュニティ支援ツールです。現在、2つのバージョンのToolboxが開発されています。
  • XOOPS-based Community Software(単に "Toolbox" と呼ぶときは、このバージョンのToolboxを指します)
  • Language Grid Extension for MediaWiki

お問い合わせ

各ソフトウェアに関する要望や提案、バグ報告は多言語BBSをご利用ください。多言語BBSに投稿するには、多言語BBSのトップページにある「アカウント作成」ボタンから手続きを行ってください。メンバによる承認が行われると、アカウントが有効化され、ログインと投稿が可能になります。

プロジェクトについてのお問い合わせは、 oss-project [at] langrid.org にお願いいたします([at]を @ で置き換えてください)。

Last update: 14-Apr-2011