多言語・多文化教育センター国立大学法人 東京外国語大学
外国につながる子どもたちのための教材開発
社会連携
外国につながる子どもたちのための教材開発
東京外国語大学多言語・多文化教育研究センターは「外国につながる子どもたちのための教材」をウェブサイトから無料でダウンロードできる形で配信しています。イラストや外国語を活用した、漢字教材と算数教材です。
http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/social_02.html
使用言語の異なる人同士での情報のやり取りが可能となる「多言語掲示板」を用意しました。教材に関する意見交換の場として御利用ください。
対応言語
ポルトガル語、スペイン語、英語、フィリピン(タガログ)語、日本語
利用を希望される方は以下のリンクをクリックし、「利用規約」をお読みの上、アカウントを作成してください。
http://langrid.org/tools/tufs/register.php
  • * 翻訳は「言語グリッド」という機械翻訳システムによるものです。必ずしも正確な翻訳が得られるわけではありません。その点を予め御了承の上、御利用下さい。
  • * このページは はInternet Explorer 7, 8 またはMozilla Firefox 3.5 での閲覧を推奨します。
多言語掲示板の利用方法
  1. アカウントを取得します。取得の際は利用規約に書かれている内容について御了承ください。
  2. ログインをしたら、画面トップにあるアイコン「コミュニケーションBBS」をクリックしてください。
  3. 興味のあるテーマを選び、書き込みを開始してください。
  4. 書き込みが終わったら、「翻訳」を押してください。自動的に翻訳が始まります。
  5. 翻訳が終わったら、「投稿」を押してください。

《掲示板の特徴》

○異なる言語間で情報のやり取りができます。
(例) ユーザーA:ポルトガル語のみを使用
  ユーザーB:日本語のみを使用

  1. Aがポルトガル語で情報を書き込む。
  2. Bが1.でかかれた情報を日本語で読み、日本語で返事を書き込む。
  3. Aが2.でかかれた情報をポルトガル語で読む。

○「折り返し翻訳」で翻訳内容をチェックできます。
(例)ユーザーが日本語のみを使用

  1. 投稿内容を書き込む。
  2. 投稿内容が他の言語に自動翻訳される。
  3. 自動翻訳された言語が、日本語に折り返し翻訳される。

○翻訳結果を修正できます。
(例) ユーザーA:ポルトガル語を使用
    ユーザーB:日本語を使用
    ユーザーC:ポルトガル語と日本語を使用

  1. Aがポルトガル語で情報を書き込む。
  2. Bが日本語で情報を書き込む。
  3. Cが2.で書かれた情報をポルトガル語で見たときに、翻訳に誤りがあったので、翻訳を修正する。

新規アカウント作成