言語グリッド

言語グリッドとは、多言語辞書や翻訳ソフトウェアなどの言語資源を、インターネット上で利用可能な言語サービスとして蓄積し、共有、利用するための言語プラットフォームです。ユーザは言語グリッド上で言語サービスを組み合わせることで、自分たちの活動を支援するための多言語環境を構築することができます。

言語グリッドに参加するには?

言語グリッドに参加することで、各組織の所有する言語資源を言語サービスとして登録したり、言語サービスを組み合わせて言語サービスのカスタマイズをしたり、作成した言語サービスを言語グリッド上で公開したりすることができます。ここでは言語グリッドの機能の説明と、その具体的な利用方法について説明します。

言語サービスを使う

言語グリッドには、様々な研究機関で開発された、多言語辞書や機械翻訳などの言語サービスが登録されています。(2017年5月現在で27種類,229個) これらを利用して様々な多言語アプリケーションを作ることができます。

言語サービスを作る

言語サービスに関する専門的な知識がない開発者でも、言語グリッドに登録されたサービスを組み合わせて新たなサービスを簡単に作ることができます。

言語サービスを公開する

作成した言語サービスを、言語グリッドに登録し、他のユーザが使えるようにします。登録された言語サービスは、他のサービスと組み合わせることもできます。

言語グリッドへのユーザ登録

まずは、言語グリッドに参加するためのユーザ登録を行います。
言語グリッドへの参加手続きにしたがってユーザ登録を行ってください。
※言語グリッドのユーザになれるのは、非営利目的(企業の社会貢献活動(CSR: Corporate Social Responsibility)も含む)もしくは研究目的で言語グリッドを利用する組織・団体・法人のみとなります。

言語サービスの呼び出し

言語グリッドに登録されている言語サービスを呼び出すためのAPI(Java, PHP)を公開しています。詳細については下記リンク先をご参考ください。
多言語工房


言語グリッドに登録されているサービスの詳細情報については、下記リンクから取得できます。
言語グリッドサービスマネージャ


これらのサービスは以下のWebアプリケーションで試用可能です。





言語サービスの開発

手持ちの言語資源や、他の既存サービスを用いて言語サービスを開発するには、下記リンクの言語サービス作成マニュアルを参考にしてください。
言語サービス作成マニュアル

開発者の方は、言語グリッドの運用に関わるソフトウェアの開発に携わることもできます。 興味がある方は、言語グリッドOSSプロジェクトをご覧ください。
言語グリッドOSSプロジェクト

言語サービスの登録

作成した言語サービスは、Webサーバ上に配備したのち、言語グリッドサービスマネージャに登録することが可能です。
言語グリッドサービスマネージャ


登録方法については、サービスマネージャのマニュアルをご覧ください。
サービスマネージャのマニュアル

言語グリッド事例紹介

言語グリッドが利用されているプロジェクトや活動などを紹介します。各画像をクリックすると各事例のWebサイトに移動します。

組織概要

NPO言語グリッドアソシエーションでは、言語グリッドの運営・開発・普及活動を行っています。
市民、非営利団体、企業に対して、多言語コミュニケーション支援に関する事業を行い、言語、文化を超えた交流の促進に寄与することが私たちのミッションです。

団体名

特定非営利活動法人言語グリッドアソシエーション

設立年月日

2017年5月25日

設立者 氏名

石田亨

連絡先

住所: 〒604-8262 京都市中京区油小路通姉小路下る宗林町98番地 英守ビル208号室
Tel:075-746-2374 FAX:075-746-2384
E-mail: lga-staff (at) langrid.org 
URL: http://langrid.org/

役員一覧

理事長:石田亨 (京都大学情報学研究科社会情報学専攻 教授)

副理事長:村上陽平 (京都大学学際融合教育研究推進センター・デザイン学ユニット 特定准教授)

理事:井佐原均 (豊橋技術科学大学情報メディア基盤センター 教授/センター長)

理事:吉野孝 (和歌山大学システム工学部デザイン情報学科 教授)

理事:林冬惠 (京都大学情報学研究科社会情報学専攻 助教)

理事:久保田庸子 (京都大学学際融合教育研究推進センター・デザイン学ユニット)

監事:大谷雅之 (近畿大学理工学部情報学科 講師)


COPYRIGHT © 2017- LANGUAGE GRID ASSOCIATION, ALL RIGHTS RESERVED.