言語グリッドオペレーションセンター
English | Japanese

言語グリッドへの参加

参加条件

京都オペレーションセンター(言語グリッドアソシエーション)が運営している言語グリッドは,非営利利用および研究利用に利用できます.利用にあたっては,利用組織とオペレーションセンターとの間で覚書の締結が必要となります.

言語グリッドへの参加申し込みに必要な条件は以下の通りです.

  1. 代表者が言語グリッド利用状況をすべて把握できる規模の組織であること.
  2. 言語グリッドのユーザID とパスワードを限られた管理者のみで把握し,漏洩しないよう管理できること.
  3. 利用組織のWebサイトに組織名,代表者名,住所が記載されていること.
  4. また、下記の範囲の組織を対象とします.(原則として個人参加はできません.)
    • 公的機関あるいは非営利団体の本来業務のために言語グリッドを利用する組織
    • 社会貢献活動(CSR:corporate social responsibility)活動に言語グリッドを利用する企業・団体
      ※「社会貢献活動に言語グリッドを利用する/している」ことをホームページ上に記載すること
    • 営利的収益に直接寄与しない研究に言語グリッドを利用する組織

参加手続き

言語グリッドへの参加申し込みに必要な条件を満たしている場合には,下記の手順に従って参加手続きを行ってください.

ステップ1: 言語グリッド京都オペレーションセンターへ参加申し込みのメールを送る

言語グリッド京都オペレーションセンターへ参加申し込みのメールを送ってください.申し込みの際に,覚書に必要事項を記入し,署名欄に署名し,署名したページ(6ページ目)のみスキャンし,PDFファイルにしてメールに添付ください.なお、覚書の正本は英文です.英文の覚書を利用ください.

覚書と日本語訳,説明資料,記入要領等は下記からダウンロードください.なお,覚書に関する説明の詳細は,オープンサービスイニシアティブのサイトを参照ください.(言語グリッドはオープンサービスイニシアティブに参加しています.)

  • 覚書 (PDF, WORD)
  • 覚書日本語訳 (PDF, WORD)
  • 覚書説明資料 (PDF)
  • 覚書記入要領 (PDF)

参加申請送付先:言語グリッド京都オペレーションセンター
E-mail: operation [at] langrid.org ([at]は@に置き換えてください)

メールによる参加申し込みは,利用組織の代表者またはその代表者から委任された方が行ってください.

ステップ2: 言語グリッド京都オペレーションセンターからの回答が届く

参加が認められると,言語グリッドの利用案内とともに,オペレーションセンター代表者が署名した覚書をメールでお送りします.

言語サービスの利用および提供は,覚書の規定に従ってください. なお,言語サービスの開発および利用に関する技術情報は,サービスグリッドオープンソースプロジェクトのサイトを参照ください.

登録情報の変更手続き

ユーザ登録情報に変更が生じた場合には,下記"Change of Registered Information"をダウンロードし必要事項を記入の上,PDFファイルにして添付ください。

送付先:言語グリッド京都オペレーションセンター
E-mail: operation [at] langrid.org ([at]は@に置き換えてください)

Copyright(C) 2007-2017 Language Grid Association. All rights reserved.